政治家と三つの輪

 選挙シリーズもいよいよ佳境に入ってきました。って、「一体いくら書くことがあるんじゃい!」という感じですが、この際すべてのノウハウお伝えします。

 ずいぶん前ですが、民社党(若い人知ってます?)の高名な理論家という方を紹介されて、ご自宅に通っていた時期があります。その時に教わったのが、「政治家には三つの輪がある」という話。

 つまり、「お前のことは嫌いだが、お前の政党は好きだから入れてやる」という人もいれば、「お前の政党は嫌いだが、お前のことが好きだから入れてやる」という人もいる。「お前もお前の政党も嫌いだが、お前の政策は好きだから入れてやる」という人もいます。

 政党・人・政策、この三つを使い分けて、どの人にはどれを強調すればいいのか、どの場ではどれを強調すればいいのかを選んで話す(説得する)ということです。

 野党系だとたいてい政党の支持が弱いので人物か政策になるのですが、新人の場合、政策があんまり分かってないので、党のパンフレットかキャッチコピーを連呼することになりがち(「政権交代!」「改革を止めるな!」等)。なかなか武器になりません。政策は横浜市長選のようにタイミングがあえば、政党が弱く本人も知名度がない場合でも一気に上がる要素になります。政党も弱く、政策もイマイチなら「人物」です。

 衆院選を戦う皆さん、時間はあまりあませんが、頑張ってください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です